fearとafraidの違いと正しい使い方

 

英語で「怖い」の意を表す代表的な単語にfearとafraid があります。ホラー系の映画や小説のみならず、ハロウィンイベントなどでも頻繁に出てくる単語ですがこれらには細かなニュアンスの違いがあります。

 

例として、「(親の躾が厳しいために)私の両親は怖いです」と表現したい場合、英語では次のどちらのように言うか分かりますか?

 

I fear my parents.
I afraid of my parents.

 

正解は2の「I afraid of my parents.」です。

 

afraidの原義は、不安を感じた時の「怖い」であり、程度としてはそこまでではありません。afraidに比べてfearは恐れる度合いが高く、生命の危機などに対する恐怖を表します。この例文では、「親の躾が厳しいが故に怒られるのが怖い」ということを言いたいだけなのでafraidを使うのが適切です。「I fear my parents.」を使うと、「私の両親は恐ろしいです」となり、虐待の可能性などを疑われてしまうかもしれません。

 

同じ意味を持つ単語でも、それぞれ微妙なニュアンスの違いがあるので理解して正しく使う必要があります。
今回は、間違いやすいfearとafraidの違いを説明するとともに、それぞれの正しい使い方も見ていきましょう。

 

また、fearとafraid以外に「怖い」という表す時に用いる単語もいくつか紹介します。

 

fearとafraidの違い

 

fearとafraidは先述したように「怖さ」の程度で使い分けます。

 

fearは、(近づいてきている物への)恐れや恐怖という意味です。危機や懸念に対し、それが起こったら困る、被害が及ぶことへの恐れや心配の表現になります。日本語で言えば「恐ろしい」や「ゾッとする」などがニュアンスとしては近い言葉でしょう。

 

afraidは、〜を恐れる、怖がる、勇気がないなどといった意味です。人が恐れや不安に対し、気が弱い、臆病だということを表します。
「ビビっている」と言う言葉が近いでしょう。

 

fearの使い方

 

fearについて、使い方を例文で紹介します。

 

彼の声と息遣いは恐怖に怯えていた。

There was fear in his voice and breath.

 

閉所恐怖症とは暗いところが恐ろしく思える症状のことです。

claustrophobia is a symptom that fears closed space.

 

彼女は死を恐れなかったが、強いというわけではなかった。

she didn't fear death , but it didn't mean that she was strong.

 

afraidの使い方

 

afraidについても例文を使って説明します。

 

私は友達から嫌われるのが怖いです'。

I'm afraid of disliking from my friends.

 

彼女は自分の仕事や将来の事を常に心配している。

She is always afraid for her job and future.

 

率直に言って、私は彼女を怖く感じています。

Frankly, I feel afraid of her.

 

「怖い」を表す単語は、fearやafraid以外にもいくつか存在します。それらがどのように使われるか、例を示していきます。

 

frighten

frightenは、(突然、恐怖するものが来て)怖がらせる、ぎょっとさせるなどといった意味です。「びっくり」に近いです。

 

以下のように使われます。

 

I'm really sorry I frightened you.(びっくりさせて本当にごめんなさい)
I'll try not to frighten him.(彼を驚かせないように努めるよ)

 

scary

scaryは、薄気味悪い、びくびくするなどといった意味です。以下のように使われます。

 

That island is said to be territory of scary monsters.(その島は恐ろしい怪物達の縄張りになっているらしい)

 

I saw a scary movie last night so I didn't sleep well..(私は昨晩、恐ろしい映画を見たのでよく眠れませんでした')

 

creepy

creepyは、むずむずする、身の毛がよだつほど、といった意味です。以下のように使われます。

 

I feel creepy when I hear that because the name of the criminal is the same of my friend's.
(その話を聞いた時ゾッとしました。なぜなら犯人の名前が私の友人と同じだったからです')

 

I had a creepy feeling that something crawls around.(私は何かが体を這い回るムズムズした感触に襲われました)

 

まとめ

今回は、fearとafraidの違いや、それ以外の「怖い」「気味が悪い」「気持ち悪い」という表現をもつ他の単語もご紹介しました。

 

まとめると、

 

fear=(差し迫る危険・苦痛などに対する)恐れ、恐怖。
afraid=人が恐れや不安を感じる恐れ、臆病さ

 

というニュアンスを持っていますので、練習しながら細かな感覚を身につけていきましょう。

 

 

短期集中で英語を勉強するには24/7イングリッシュ(ENGLISH)がおすすめです。
24/7イングリッシュの特徴はこちら
24/7イングリッシュの無料体験はこちら
24/7イングリッシュ銀座・新橋教室はこちら
24/7イングリッシュ秋葉原・神田教室はこちら
24/7イングリッシュ渋谷教室はこちら 
24/7イングリッシュ上野教室はこちら
24/7イングリッシュ新宿教室はこちら
24/7イングリッシュ池袋教室はこちら
24/7イングリッシュ恵比寿教室はこちら
24/7イングリッシュ横浜教室はこちら
24/7イングリッシュ梅田教室はこちら