armsとweaponの違いとそれぞれの使い方

英語で「武器」を表す単語といえば、arms そして weaponがあります。FPSなどの近代的ウォーゲームから、ファンタジーな世界観のRPGまで、様々な層に馴染んでいる言葉かと思います。しかし、同じ意味での異なる単語が使われることがあるということは、それぞれでしか表現できない意味もあるのです。
たとえば、「この皿は武器になりそうだ」を英語で言いたい場合、以下の例文はどちらが正しいか、回答できますか?

This dish is likely to be a arms.
This dish is likely to be a weapon.

正解は2の「This dish is likely to be a weapon.」です。weaponは、凶器として使用され、他人を負傷させることが「可能な」武器全体を指します。一方armsは、他人に凶器として外傷を負わす「目的で作られた」武器を指します。皿は元々人に怪我を負わせるためではなく、料理をいれるために作られているものですので今回の場合ではweaponを使うのが適切です。

 

同じ意味を持つ単語でも、微妙に異なるニュアンスを持つため、理解して正しく使い分けすることが肝要です。
今回は、知っているようで意外と知らないarmsとweaponの違いを説明するとともに、正しい使い分けについてもレッスンしましょう。

 

armsとweaponの違い

 

armsは原義としては「両腕」を指しますが、その両腕で扱う武器や兵器、そこから転じてで軍力・武力といった意味も持ちます。上で述べたように他人に外傷を負わせるような目的で作られているものを指すので、戦車やミサイル兵器、爆弾などはarmsになります。

 

一方でweaponは、(目的外の使用によってそうなったものも含む)武器や凶器と言った意味です。使い方によっては他人に外傷を負わすことができるものすべてを指し、ナイフ・バット・割れた瓶・杖などはweaponに入ります。

 

armsの使用例文

 

私の息子は軍事教育を受け、今ではシールズに属しています。

My son was bred to arms and now belongs to Navy SEALs.

 

長年の抑圧に堪えかねて、彼らはついに武力に訴えました。

They couldn't endure for long suppression therefore finally appeared to arms.

 

彼の会社はより強力で殺傷力の高い武器'を作りました。

His company made more powerful arms with higher killing power.

 

 

weaponの使用例文

 

彼女は彼を鈍器で殴った上で放置し、死なせました。

She hit him with a blunt weapon and left him die.

 

彼は自分の革靴を武器に使い、殺人を犯しました。

He used his leather shoes as a weapon and became a murder.

 

涙は女の武器というが、男が武器にしたって構わない。

Tears are women's weapon but there's no matter that men treat it as theirs weapon.

 

 

まとめ

 

今回は、armsとweaponの違い、正しい使い方を例文でお話してきました。

 

以下、まとめです。

 

arms=他人に怪我させる目的で作られたもの
weapon=他人に怪我させられるもの全て

 

細かなニュアンスはただ見るだけでは身につかないものですので、練習しながら感覚を身につけていきましょう。

 

短期集中で英語を勉強するには24/7イングリッシュ(ENGLISH)がおすすめです。
24/7イングリッシュの特徴はこちら
24/7イングリッシュの無料体験はこちら
24/7イングリッシュ銀座・新橋教室はこちら
24/7イングリッシュ秋葉原・神田教室はこちら
24/7イングリッシュ渋谷教室はこちら 
24/7イングリッシュ上野教室はこちら
24/7イングリッシュ新宿教室はこちら
24/7イングリッシュ池袋教室はこちら
24/7イングリッシュ恵比寿教室はこちら
24/7イングリッシュ横浜教室はこちら
24/7イングリッシュ梅田教室はこちら